2019年12月31日

2019年もありがとうございました。

わお、一年ぶりです!

大晦日になってしまいました。はやい。

今年は「楽遊」の新しい仲間、「京町家楽遊 仏光寺東町」の門番もお預かりすることになったり
本体「京町家楽遊 堀川五条」の増築も決まったり(てかもう半分できかかってますやばいです)、
楽遊、アツい一年でした。
トリップアドバイザーの恒例「外国人に人気の旅館」ランキングでは今年は4位。
周りを見渡せばかっこいいホテルやおしゃれな宿が山ほどできてるなか、
おいおい大丈夫かという気持ちしかないですが

いけるとこまで無理せずいくぞ。

といういつもの気分で参りたいと思います。
気がつけばリピーターのお客様を迎えることも増えてきて、
旅人のみなさんをいつもの笑顔でお迎えできることがとってもうれしかったりします。

編集ライター業では、
連載コラムを加筆修正してまとめた京都で町家旅館はじめました
京都で町家旅館はじめましたを出版、
昨年出した旅の賢人たちがつくった 女子ひとり海外旅行最強ナビ
旅の賢人たちがつくった 女子ひとり海外旅行最強ナビは3刷となり(ひゃっほう)、
これまたありがたい限り。
もうちょい書く仕事を増やしたいんですけど、
なにしろスピードが………………(関係者の皆さんごめんなさい)。
来年は宿のコラムを月イチで更新するのが目標です。
あと、いま、新しい旅の本1冊つくってます。うひひ。

そして、今年歩いたのは
3月にスペイン

IMG_6237.jpeg
IMG_5860.jpeg
IMG_5830.jpeg
IMG_8273.jpeg
IMG_7904.jpeg
IMG_6641.jpeg
IMG_5951.jpeg
IMG_8352.JPG
IMG_6877.JPG
10-IMG_7528.jpeg


10月にバルカン半島

IMG_2115.JPG
IMG_1175.JPG
IMG_1440.JPG
IMG_0833.jpeg
IMG_1968.JPG
IMG_1116.jpeg
IMG_0917.jpeg
IMG_0223.jpeg


どっちも素晴らしかったなー。
ほっつき歩ける環境をいただけてることに感謝感謝です。


京都に腰を落ち着けたんですね、と言われることも増えてきましたが、
いやいやどうして、まだまだ落ち着きのない50代中高年として
これからもお届けしたいと思います。
旅関連のお仕事、いつでもお待ちしておりますよ☆


京都に一緒に来てくれて、今年虹の橋を渡った気のいい猫ポレポレと(下)、
わが家でいま一番えらい猫スス(上)

IMG_8548.JPG

新しくわが家にやってきてくれたおそらく下京区イチのやんちゃ猫モモ(ネパールのモモね)

IMG_9964.JPG

みんなと一緒の年越しです。
来年もよろしくお願いします。


posted by 山田静 at 12:58| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

10位と25位

大晦日ですよ…!! 
宿は3回目の大晦日で、
ちょびっと慣れてきたもののやっぱり慌ただしい。
昨日までみんなで大掃除でしたが、
今日は買いだし。頑張ります…ぜえぜえ。

さて、トリップアドバイザー「外国人に人気の旅館とホテル2018」で、
今年は10位にランクインさせていただきました。

それと、トラスト・ユーという口コミプラットフォーム、口コミ分析の専門会社の調査で、「外国人に選ばれる!クチコミ高評価の日本の宿2016-2018」で25位にランクインしました。
全体の表はこちら

前者は昨年1位だったのですが、
正直なところ「え、なんで私らが??」という戸惑いが強かったので、
個人的には、実は今年のほうが嬉しかったりします。
後者のホテルも旅館もゲストハウスも全部あわせての25位もすごく光栄です。

近頃、インバウンド向けの戦略とか、
取材のお問い合わせとかちょいちょいいただくようになりました。
そこでもお話しているのですが、
特に外国人に向けて何かしているということはなく、
宿の特性とか与えられた条件のなかで、
「こうかな?」「しまった違ったか、じゃあこうかな?」と
みんなで試行錯誤しているうちに、
なんとなく今の形になってきたというのが実態です。
自分の旅の経験もすんごくすんごく反映されてます。
長年無駄にあっちこっち旅してきてよかった……

ここまでのところを振り返って、
あらゆる方面で協力してくださり、惜しみなく知恵を貸してくださった
ご近所の皆さん、取引先や関係者の皆さん、
長年の仕事仲間のみんなたちには感謝しかないです。
色々思うところもあったと思いますが、
我慢強く見守ってくださった運営会社の皆さんもありがとうございました。
そして唐突で突飛な無茶ぶりや試行錯誤にも頑張って、
面白がって付き合ってくれた現場スタッフのみんな、お疲れ様でした。
「スタッフのみんなが素敵だった」と
ゲストに言ってもらえるときがなにより嬉しいのです。ありがとう。
はるばるやってきてくださったゲストの皆さんも、
ありがとうございました。
良い旅のお手伝いが少しでもできたことを願ってます。

って、引退の挨拶みたいになってますが、そうじゃなくて、
課題もいっぱいあるので来年もがんばりましょー、って話です。
まずは「外国人に人気の」だけじゃなくて
「日本人の皆さんにも人気の」を目指さないとだ、
とみんなでを頭をぽりぽりかいています。
私を含めてポンコツ揃いでも、みんなでやれば何とかなる、
がモットーの宿です。
ぼちぼち、来年もやっていきます。

みなさま本年もありがとうございました!
よいお年を!
wish your happy New Year!

image.png
posted by 山田静 at 11:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

『女子ひとり海外旅行最強ナビ』出ました!

なんとまあ、何光年かぶりのブログです!
新刊出たのでしゃしゃり出て参りました。

旅の賢人たちがつくった 女子ひとり海外旅行最強ナビ
旅の賢人たちがつくった 女子ひとり海外旅行最強ナビ

12/10発売です。
この「最強ナビ」シリーズは、1作目の「海外旅行最強ナビ」製作にあたり
丸山ゴンザレスさんに声かけていただいたのをきっかけに、

旅の賢人たちがつくったヨーロッパ旅行最強ナビ

旅の賢人たちがつくった台湾旅行最強ナビ

と、主に女子旅向けのシリーズの編集を担当してきました。
で、今回は「ひとり旅」です。
いままでは達人のライターさんたちによってたかって(←言い方)書いていただきましたが、
今回はライフワークでもある「ひとり旅」ってことで、本文ほぼ自分で書きました。

(と、決めたまではかっこよかったんですけど、
宿の仕事が予想以上にこの夏は忙しくて、
結局秋の休暇期間をほぼ全部費やして書くはめに…死ぬかと思った…
というか遅れに遅れてごめんなさい関係者の皆様)

書くにあたって決めていた・意識していたのは、
「どんな旅人も置いてけぼりにしない」
「どんな旅だって旅である」
ってことでした。
バックパッカーでも、キャリーケース転がしての旅でも、
おひとり様ツアーでも、添乗員同行のパッケージでも、なんでもいいじゃない。
大事なのは「ひとりで旅にでてみようかな」って思ったことです。
いろんなところで一人旅のことを書いて、お話して感じたのは、
「ひとりでどこかに行きたい」「ひとりの時間を自分のために使ってみたい」
という方が自分が思っていた以上に多い、ってこと。

交通機関や情報が発達したいま、旅なんて誰でも行けるものですが、
情報が多すぎてとっかかりが分からない、
検索しているうちに怖くなってやめちゃう、という人もけっこういます。
その「とっかかり」を網羅しようと考えたのがこの1冊です。

いろんな場所で書いたり話したりした、
ひとり旅のコツや押さえるべきポイントを私が知っている限り詰め込みました。
以前作成した『女ひとり旅読本』(双葉社)などに比べるとオモシロイ読み物、というのではないですが、
(そこは、私の旅仲間たちがコラム記事やアンケートでカバーしてくれました。
このアンケートがまた、けっこう役にたつはずです)
きっとこれで、旅立ちへのとっかかりができるはず。
迷っている人の手助けに少しでもなれば、と思ってます。
…女ひとり旅読本もまた作りたいな。

みなさま、安全に良い旅をね☆

ちなみにいまは京都市民になっていますが、
半年に一度、旅に出てます。

2017年3月 ネパール

IMG_3578.jpeg

2017年10月 中央アジア(カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン)

IMG_6021.JPG

2018年3月 ネパール、インド(シッキム&ダージリン)

IMG_1108.JPG

IMG_1384.JPG

2018年10月 ジョージア←原稿の合間に無理矢理行った

IMG_3454.JPG

次はどこいこうかな。
ではまた!

posted by 山田静 at 18:54| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。