2014年07月28日

『保存版 バックパッカーズ読本』発売されました

さて、発売されましたー☆

__.JPG

保存版 バックパッカーズ読本 -
(双葉社・1728円)

98年に第一作が刊行されてから早15年以上。
今回も300ページ近い大作であります。
まさかこんなにずーーーーーっと続くとは作ってる本人たちも思っていなくて、
本が出せるということは需要もあるということで、
旅に出たい人たちもいるということで、うれしいなあ、です。

本書については、私は前々回から編集実務をお手伝いしています。
アンケートとかデータ部分の補強、その他編集作業全般(雑用ともいう)ですね。

今回の改訂では、旅の準備から出発、現場での心得などベーシックなことに加えて
「デジタル時代のバックパッカー」という項目を加えました。
そのほかの項目も全面改訂です。宿情報も最新のものを集めました。

メインの執筆は、前と変わらず旅行作家の下川裕治さん、長くバンコクで記者・ライターとして活躍してこられた室橋裕和さん
現場を知る人間ならではの説得力ある言葉に括目せよ、です。
とくにデジタルの項目は、「スマート」というよりも現場感覚にあふれています。

ほかにも、さまざまな方がコラムを寄稿くださいました。
廃墟探検部の稲葉渉さんの旅のこだわり、
バンコクのゲストハウス「EZ STAY BANGKOK」オーナー・川昭浩さんの宿を始めるまでのストーリー、
前回も登場した国マニアの前田正利さんは167か国まで訪問国が増えてて、
アルビルでの強制送還やナウルの旅のお話をしてくれました。
犯罪ジャーナリスト丸山ゴンザレスさんは旅と犯罪のお話、
相変わらず旅暮らしの森知子さんはメキシコでの出会いのトピック、
森きのこさんは海外ATMの落とし穴を寄せてくれました。
また、バラナシ在住の鈴木千晶さん、今も旅を続ける長坂沙知さん、
旅好きが高じて旅を仕事にした橋本直明さんも情報ありがとうございます。
アンケートに協力いただいたのは、
学生団体mof.、学生団体スナフキンジャパンバックパッカーズリンク運営管理者の向井通浩さん。

旅人の「今」の声を集めた、背中を押してくれる1冊になったと思っています。
本屋で見かけましたらぜひお手にとってみてくださいねー☆

「バックパッカー旅が人生を変えてくれるわけではない。
しかし、厳しい社会を生き抜いていくための、
心のもち方くらいは刻み込んでくれる」
(「はじめに」より抜粋・下川裕治)


posted by 山田静 at 01:47| Comment(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: