2014年08月19日

台湾お礼参りと『セデック・バレ』の霧社へ。 その3「霧社」

さてあと1回だけ映画シリーズ続きます(興味ない人ほんとすいません)。

今度は「霧社」。昨日も書いた、霧社事件の舞台です。
霧社事件については、このページの一番下に載ってます。
(もっと詳しく知りたい方はいろんな本が出てますのでゼヒ。
日本人は知っといたほうがいい、と思う歴史のひとつです)
山間の交通の要所、といたところにあって、
埔里からのバスは、埔里→(1時間くらい)→霧社→(20分間くらい)→廬山温泉、というルートで走ります。
霧社までの便は20−30分に1本くらいでけっこう多い。
廬山温泉からのバスのドライバーさんはセデックの人で
「映画観て来たのだな」と喜んでアイスをおごってくれました。どうもどうも。

mushaIMG_1605.jpg

バス停の周りはこんなん。さらにいなたい。
埔里とそんなに変わらないような感じでしたが、
高台から眺めると、

mushaIMG_1604.jpg

なんとなく日本ぽくないですか。
街の造りの考え方というか、景観の作り方というか。
散策していてもそれは感じます。
ちなみにこの高台、「徳龍宮」という中国風寺院なのですが、
日本統治時代には神社でした。

toriiIMG_1595.jpg

鳥居もある。
霧社事件のあと、この鳥居の階段のところに
蜂起軍の首が並べられた、とかなんとか恐ろしげな話も語られています。

nekoIMG_1598.jpg

今は鳥居の横に猫がいるだけ。
というわけで、街のなかでは、あっちこっちで事件の名残が見学できます。
史跡で残っているというよりも、「ここが該当地点」と分かるようになってます。

gakkoIMG_3190.jpg

霧社事件で、最初の蜂起が起こった仁愛小学校は、電力会社の施設に。
(昨日も写真のせたような、案内ボードがたっています)

街の中心には、蜂起軍の記念碑が。

hakaIMG_3185.jpg

映画『セデック・バレ』のメイキングを観てたら、
監督や役者さん(ほとんどが原住民の素人俳優)一同が
ここで祈りを捧げている光景がうつってました。

monaIMG_3179.jpg

敷地内にはモーナ・ルダオの像。
昨日マヘポ社で観た交通安全像とは違ってえらく立派。

IMG_1611.jpg

遊びに来ていた台湾人旅行者が、「これは誰だ」と説明をじーっと読んでいました。
台湾でも霧社事件ってあんまり知られていなかったそうで、
『セデック・バレ』のウエイ・ダーション監督も
事件のことをマンガで読んで驚いて、
なんとしても映画化する、と99年には脚本を書き上げていたそう。
資金集めに苦労しながら、『海角七号』がヒットしたことでなんとか実現した企画です。
ジョン・ウーやビビアン・スー、ジェイ・チョウなどが
製作や資金提供に力を貸したそうです。
ちなみにこの人が反日的かいうとそんなこともなく
(映画観るとそういう話じゃないのは分かりますが)、
『海角七号』はまた違った角度での台日関係を描いた名作です。
来年のお正月に公開される『KANO』も楽しみ。
台湾の高校球児たちのお話です(ステマじゃないよ…)。

ってことで、最後は日本人犠牲者のお墓も訪ねてみたのですが、

nihon-hakaIMG_1613.jpg

nihon-hakaIMG_3188.jpg

がらーん。
統治時代には大きな墓碑があって毎年慰霊祭が行われていたそうですが、
今は放置されています。
小さな記念碑でもあるとよいのだけれどな、とは思いつつ、
手をあわせてきました。

これにて霧社探訪もおしまい。
1時間くらいでぐるっと歩けるので、立ち寄りおすすめです。
バス停の前に小さい食堂がいくつかと、
イートインできるセブンイレブンがあるのでご飯もトイレも大丈夫。

ではでは、次回でラスト。台北です。







posted by 山田静 at 19:26| Comment(0) | 旅のメモ(台湾) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: