2012年03月30日

ミャンマー報告その5(ローカル列車)

忘れてました…更新するの…
ということでそっと夜中に更新します。

ミャンマー編、ラストはローカル列車の巻。
ヤンゴンには、ヤンゴン駅を頂点とした馬蹄形のような山手線があって、
ぐるっと回れます。しかし超のつくゆっくり。
こんなです。ボージョーアウンサンマーケットの鉄橋から撮りました。

resshaIMG_2167.jpg

で、これに乗って市街地からちょっと離れた
メーラム・パゴダに向かうべく、ヤンゴン駅から最寄のtadalay駅に乗車することに。
乗り場というか、チケットもヤンゴン駅の構内で買います。
チケット売り場でうろうろしてたら、
どこからともなくおじさんが現れて構内まで連れてってくれました。
(これは彼の小遣い稼ぎ。1ドル渡しました)
んで、乗るホームまでつれてってもらって、ホームにいた駅員さんが
切符を切ってくれました。あとは駅員さんがよきに計らってくれるという寸法で。
これまた1ドル。

kippuIMG_3453.jpg

列車は1時間に1本くらい。乗り込むとこんな感じ。
日本の車両を使っていたりするそうです。これはどうなんだろう。

ressha-nakaIMG_3279.jpg

ホームはこんな。

stationIMG_3228.jpg

ヤンゴンを出るとすぐに田園。
ものすごくゆっくりなので、写真も余裕で撮れます。

shasouIMG_3276.jpg

物売りも。

mono-uriIMG_3259.jpg

ずっと寝てる人。とうとう私が乗ってる間に起きなかったですが
一応鉄道員さんです。

oki-naiIMG_3233.jpg

んで、1時間弱かけて到着したのがこちら。

tochaku-ekiIMG_3291.jpg

最寄駅です。
さいなら。この人は駅員から私の世話を申し付かったおじさん。
無事、下車させてちょっとほっとしているような。

bye-byeIMG_3289.jpg

列車が行ってしまうと、線路は横切り放題。
まあ1時間に1本だし。

senroIMG_3315.jpg

駅舎はこちら。駅員は見当たらず。

ekiIMG_3304.jpg

と、いうわけでここから歩いて無事にお寺にも参拝をすませ、
帰りはタクシーで戻りましたとも、ええ。
街まで20分くらいでした…

ちなみにこの山手線の反対側のルートには、インセインという
街があって、朝市が有名です。

いかにもローカル!な鉄道が好きな方にはおすすめな列車旅でした。

さてこれでミャンマー旅報告、おしまいです。
久しぶりにまったくの休暇で、ひとり旅で出かけたというのもあって
(近頃はいつも何かしら仕事が…涙)
も・の・す・ご・く楽しかったです!
やっぱりこうやって宿を探したり、バスの乗り場がわかんなかったり、
迷子になったりと(迷ってばっかり)、
街のすみずみをうろうろするのは単純に楽しいなあと改めて。
ミャンマーも何度行っても素敵な国、いずれまた行くときに
どんな風に変わっているのか楽しみです。
次はどこに行こうかなあ。

posted by 山田静 at 03:08| Comment(0) | 旅のメモ(ミャンマー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

ミャンマー報告その4(チャウンター)

さて、パテインから4時間くらいかけて行ったのが
チャウンター。

umi-IMG_2919.jpg

海です!

shonenIMG_2964.jpg

ベンガル湾です!
ミャンマーにはガパリビーチという古いビーチリゾートがあって、
そっちはもっと高級感あふれているのですが、
ここは庶民的な熱海のような場所。

ビーチに並ぶ自転車。

jitenshaIMG_2872.jpg

誰が乗るのかと思ったら意外と需要があって。

jitensha2IMG_2888.jpg

青春…。

青春といえば、デート中の人。

coupleIMG_2991.jpg

前が見えてないですが物売りの人や

monouriIMG_2894.jpg

暇そうですがレンタル浮き輪の人や

ukiwaIMG_2989.jpg

人気なかったですがタコの人とか

takoIMG_3014.jpg

お土産もいろいろ。

omiyageIMG_2932.jpg

himonoIMG_3051.jpg

写真は日本と同じ撮り方してました。

shasin-toruIMG_2943.jpg

shasin-toru2IMG_2953.jpg

でっかい岩にはパゴダを設置(?)中。
ほとんどがミャンマーの行楽客でしたので、
やはりこれがないと座りが悪いんでしょうか。

ironuriIMG_2956.jpg

お土産が並ぶメインストリートはこんなんです。

shopIMG_2999.jpg

こっちはホテルストリート。
欧米人はけっこういました。私もホテル2件断られました。

main-stIMG_3068.jpg

リゾートホテルもあります。

resortIMG_3079.jpg

私が泊まったのはこちら。1泊10ドルで1コテージ。水シャワーでエアコン付き。
バスの手配もしてくれました。陸側で、オンザビーチだと宿の相場はもっと高いです。

yado-IMG_3085.jpg

ご飯は、さすがシーフードがおいしかったです。
貝のカレーとシーフードサラダです。これで5ドルくらい。

curryIMG_3058.jpg

夕方になると、行楽客もみんなお目当ての夕日。

yuugureIMG_3030.jpg

んで、写真がないのですが、夜になるとこのビーチ、
花火大会&カラオケ大会の場となります。
わが宿はオンザビーチじゃなかったので油断してたのですが、
隣の空き地で夜中までカラオケ大会でした…

ってことで、ミャンマーの熱海・チャウンターでした。
今、お隣にもっと近代的なビーチリゾートを開発中で、
そちらは充実のホテル施設がいっぱいあるらしいのですが、
私はこれくらいがくつろいでいい感じでありました。

さてミャンマー報告、あと1回だけあります。
ヤンゴンでローカル列車に乗ったお話。
それはまた明日以降にー☆
posted by 山田静 at 00:14| Comment(1) | 旅のメモ(ミャンマー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

ミャンマー報告その3(パテイン)

おっと、間があいてしまいました。

ヤンゴンからバスで向かったのは、パテインです。
ミャンマー第3くらいの都市。

matinamiIMG_2736.jpg

そのわりには大都市的な緊迫感が薄いですが、
パゴダもあります。

pagodaIMG_2781.jpg

街一番のイケテル店。

iketeruIMG_2829.jpg

中心街は
20分もあればぐるっとまわれます。
ちなみにこの日は、半日バイタクをチャーターしました。

名物はこちら。

kasaIMG_2602.jpg

傘です。パテインの傘といえば全土で名高いとか。
こちらは家族でやっている工房。
でっかいのもつくってます。

kasa-IMG_2617.jpg

手技。

kasa-IMG_2624.jpg

こういう大きさのは、レストランからの特注品ですって。
小さな傘の絵付けを見てると、
まったくのフリーハンドでなにも見ないでするする描いてます。

kasa-IMG_2635.jpg

お父さんが「オーダーメードも承る」というので
作りかけのを見せてもらうと、

kasa-IMG_2681.jpg

…… みつを?

傘安かったです。ひなまつりイベント用のお土産にも買いました。
プレゼントさせていただきますね。

ほか、お寺巡りもしたのですが、
面白かった! こちらの写真は、そのひなまつりイベントの
「かわいいもの選手権」に出品(?)予定です。
いらっしゃる方、ご期待くださいませ。


そしてこのパテインで食べたチキンカレーは、
今回の旅行で一番美味でした!!

carryIMG_2835.jpg

「うわー、おいしい!」と日本語で叫ぶと
お店の方が意味が分かったらしく喜んで、
カレーのおかわりを持ってきてくれました。優しい…しかしお腹いっぱい…

ホテルはこちら。
ラ・ピウォンホテル。街一番の宿で、25ドル。
バスタブ付きエアコン付きとぜいたくしました。

hotelIMG_2479.jpg

ついでに街角で見たかわいいもの。

kawaii-IMG_2758.jpg

kawaii-2IMG_2711.jpg

タナカ(皮膚保護の白い樹液)で美白な女の子。
肌が弱いんだそうです。最近はタナカも需要がへったといいますが、
見てる限りでは、ヤンゴンでもまだまだみんな普通に塗ってました。
左の男の子がイケメンになる予感。

というわけで、途中で1泊したパテインでした。
この先さらに進んで、海に行きます。
posted by 山田静 at 00:12| Comment(0) | 旅のメモ(ミャンマー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする