2014年11月17日

バンコクオフ・キックオフオフ会開催しました☆

KANPAI.jpg

かんぱーい。

ってことで、11月9日、ひとり旅活性化委員会のオフ会を開催いたしました。
場所はこちら。

RAORAO.jpg

恵比寿の「ラオラオ」
委員会メンバーでバンコクのゲストハウス『EZstay Bangkok』オーナー、川さんおよび、タイ通・たまさんの推薦です。

NABE.jpg

HARUMAKI.jpg

屋台メニューに安いしおいしいし満腹満足。

目的は、1月に開催のバンコク現地オフ会のキックオフ。
参加決定済みの人、参加を迷っている人、今回は行けないけどとりあえずタイの話がしたい人、
タイ料理が食べたい人……などみんなで集まってわいわいと語り合いました。
幹事のたまさんからまたも充実のプログラム発表あり。
今年も濃いです。ふふふ。
今、バンコク在住のメンバーにも問い合わせて中身を詰めております。

と、いうわけで。

======

■第2回バンコクオフ会やります■
今年1月のバンコクオフの成功に気をよくしまして(?)
会員の皆さんからの声もあり、第2回を開催することに。
時期は2015年1月下旬。
前回の模様は近々ブログにアップします。
それはそれはディープなのでした…

ひとり旅活性化委員会メンバー限定企画なので、
ご希望の方は今からでもご入会受け付けます。こちらからドゾ☆

========

詳しくはまたこちらで告知いたします。

posted by 山田静 at 23:10| Comment(0) | ひとり旅活性化委員会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

エクスペディア記者会見行ってきました

イギリスやら昨年のバンコクオフやらを書きたいと思いつつ、
本日は全然違うお話で。

KAIKEN.JPG

オンライン旅行会社、エクスペディアの記者発表会です。
モバイルやタブレットに特に注力してるエクスペディアの新しいアプリの紹介や、
アジアでのエクスペディアの戦略などについて。

朝日新聞のウエブマガジン「&」でも少し紹介したんですが、
エクスペディア、なかなか攻めてます。

個人的に興味深かったのは、アジア地域最高事業責任者ビクラム・マルヒ氏のプレゼン。
今の旅行市場や、そこでのエクスペディアのポジションについてなど。

MARKET.JPG

地域別旅行マーケット規模(年間旅行取扱額)で、
2014年の今の時点?でアジア・パシフィックはヨーロッパやアメリカを抜いて
世界一の市場になりつつあります。(このうち、日本が占めるのは4分の1だそう)
エクスペディアアジア地域CEOのキャスリーン・タン氏の話によると、
アジアの特長はアジア域内の旅行が増えていることで、
コミュニケーションやSNSでの発信が好きなのも
アジア人旅行者の特長だとか(あのどこでも見かける自撮り棒…!)。
エクスペディアは当然アジアに力を入れているわけです。

航空会社の取扱も増やして、400エアライン/32万5000件のホテルを扱い中。
着々と規模を大きくしてます。
年間取扱額5.2兆円でJTBの3倍以上…というのが冒頭の写真のグラフ。
で、そのJTBとも提携してます。

こんなに大規模にできるのは拠点がある31カ国全体でグローバルに動けるからですが、
ここからさらに伸ばしていくために力を入れているのがモバイルテクノロジー。
いま、検索の半分はモバイルやタブレットからだとかで、
(これが噂の若者のPC離れってやつ…?)
・各種デバイスに対応する見やすいアプリの開発
・どのデバイスから見ても自分に必要な情報が出てくる、情報のパーソナライズ化
に集中的に投資している、という話と、同社自信のモバイル・タブレット用アプリの紹介もありました。
私、ダウンロードしてるんですが使いやすいですよ。
予約からフライトの遅延/ゲート変更などの情報まで集約してくれる、
旅程の一元管理してくれるアプリです。

先日取材したときにも、なるほどなー、、と思って聞いてたんですが、
発想が日本の旅行会社と違うんですよね。
お客様ひとりひとりのご要望を伺って満足度を高めて、というのではなく、
検索結果が全て。ビッグデータをもとに、
より使いやすく素早く情報を提供できるように開発投資をしている。

こういうプラットフォームを持っている会社と、
日本式のサービスや企画力のある会社が組んでいくのが
今後の理想なのかなあ、とも思いました。
目指してるとこが違うから、逆に組みやすいような気がする。

と、そんなこんなで発表は終わり。

BEAR.JPG

きゃー、エクスベア!

EXBEAR.JPG

以前、エアアジアのイベントで一緒になって共に体操をしました…。
超踊れる。



私が遭遇したなかでいうと、
エクスベアとひこにゃんは「手触りがいい」着ぐるみベスト2です。
(金かかってそう、ともいう)

しかし便利な時代。また追ってブログに書きますが、
こないだのイギリス旅行、私はあまりに時間がなくてホテルの手配できず、
毎晩翌日の宿をネットで探しながら動いてました。それでも困らないのですよね。

やがてウエアラブル端末にも対応したい、というエクスペディア。
メガネをカチッ、っとしたらホテル出てきたりするのかな。
posted by 山田静 at 20:05| Comment(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

台湾お礼参りと『セデック・バレ』の霧社へ。 その4(さいご)「台北」

さてもう映画の話は終わりにしますのでご安心くださいw

ラストは台北です。
「お礼参り」はこちらです。

hoankyuIMG_1403.jpg

保安宮。
3月に婦人科系のことでちょこっと入院手術したんですが
(みなさん健康診断だいじですよ!)
もともとそのタイミングで台北に来る予定だったこともあって
友人たちが保安宮で快癒祈願をしてくれていました。うう、ありがとう(涙)
ってことで、無事に健康も回復いたしましたので、お礼参りです。

dihuajieIMG_1406.jpg

お供えセットを買って、7つあるお参りどころを巡って、
おみくじを引いて、もらっていたお守りを火で清めましてお参り終了。
(って、文字だといかにもすんなり進めていますが、
長年のお仕事仲間で友人の、台北ナビのHさんに引率していただいてようやく完遂できております)

hoankyuIMG_1405.jpg

初めて来ましたが、なかなかいい風格の寺院。
ありがとうございました。

そのあとは、Hさんに引き続き案内いただいて久しぶりの迪化街へ。
an-anで特集されてましたが、こんなしゃれた街になっていたとは。

dihoajieIMG_1437.jpg

dihoajieIMG_1449.jpg

dhihoajieIMG_1450.jpg

昔の建築のなかに、どんどんと新しい店が。

dihuajieIMG_1428.jpg

本屋&雑貨屋さん。

yubinkyokuIMG_1431.jpg

郵便局ですがちょっとかっこいい。

そして隠れ家っぽいフレンチでランチをいただきましたの。

frenchIMG_1440.jpg

知貳茶館
台湾食材にこだわってて味もよいので、
珍しい食材もいろいろあって、料理好きな人は行くと楽しいですよ。
ってことで迪化街おしまい。

全然関係ないですが迪化街から地下鉄にのろうと歩いてたら
こんな看板が。

yamamotoIMG_1453.jpg

ツイッターにアップしてみたら、平頭は角刈りで、
山本頭は「山本五十六頭」であることが判明。丸刈りっぽい感じ?
台湾なんだかすごい。

このあと、近頃台湾で一つのトレンドだという
「MIT(メイド・イン・タイワン)」のものが観たくて
西門駅前、「西門紅楼」にも行ってみました。

nishimonIMG_1457.jpg

古い劇場を改造して、お店や小さな博物館にしてます。

nisimonIMG_1461.jpg

こんな展示とか。

nishimonIMG_1460.jpg

「16工房」といって、若手クリエイターのMITグッズが並んでます。
西門自体が、東京でいう原宿っぽいとこなので、
迪化街のお店なんかに比べると、価格もデザインも20代くらいの子むけかな。

そして台北の夜は、大好きなお店に大事な友人たちと行きました。

ryouriIMG_1473.jpg

…ええ、ええ、色が地味ですけど。台湾料理ってそういうことですから。
台湾家庭料理のお店。ゴーヤの塩卵炒め、干し大根入りの卵焼き、
白切鶏、海鮮焼きそばなどなど。

kakiIMG_1475.jpg

これがおいしかったー。カキとバジルの揚げ物。塩胡椒つけて食べます。
もう何年お世話になってるか分からない、台北の勝美旅行社の李太太と娘さん、
取材で来台中のおおのきよみ泉大悟夫妻といろんなお祝いで乾杯です。

最後は、おおの&泉夫妻と近くのかき氷屋さん「黒岩」で。

kakigoriIMG_1483.jpg

奥の「総合」かき氷は、クランベリーソース!がかかってて
新鮮な美味。おすすめです。

以上、台湾ルポおしまい。

ちなみに滞在は再び「ez stay」

taipeiIMG_1398.jpg

本館は眺め抜群です。たまたま滞在中に、私のブログ読んで泊まりに来た、
というひとり旅女性に遭遇しました。
ゲストハウス初めて、とのことでしたが楽しんでいただけたかしら…。

さて、夏休みはどこに行こう(どっか行く気まだまんまん)。
みなさまもよい残暑を!


posted by 山田静 at 20:15| Comment(0) | 旅のメモ(台湾) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする